医師が転職するために参考になる情報として、今回は整形外科医への転科について少しお話をしたいと思います。

整形外科医の中にも専門分野、得意分野がある

他の診療科目からこの整形外科医への転科を検討している方にとっては、仕事の内容も含めて未知の部分も多いのではないかと思います。

整形外科医は全身の筋肉や関節、あるいは神経等を対象にした診療を行っています。

患者さんの幅としては新生児はもちろんのこと、高齢者の方まで、年代には広い幅があると言えるでしょう。

また、対象となる範囲が幅広く、疾患や外傷といったものが全て対象となるので、整形外科医にも数々の専門分野、得意分野のようなものがあります。


高齢化社会に合わせてそのニーズが増加している

例えば、リウマチや人工関節といったものを専門にされている方もいれば、その他の分野を専門にされている方もいるのです。

主な仕事としては外来診察や回診、手術などとなります。

整形外科における手術の後は、大抵入院となるケースが多いので、必然的に回診業務も一般的なものとなります。

また、術後の回復までにはリハビリテーションの指示なども業務として出てきます。

理学療法士や作業療法士の方々と連携を行い、患者さんの機能が回復するまでADLが低下しないように治療を進めて行く事となります。

整形外科医は高齢化社会に合わせてそのニーズが増加しているので、転科先としては魅力的な選択肢と言えるかもしれませんね。