医師が転職ではなく転科を検討するときには、今の診療科目が自分と合わないと感じている場合や、将来的なキャリアについて考えてみたときに違う科目の方に魅力を感じた、といった意見が多い様に思いますが、みなさんの場合はいかがでしょうか。

内科への転科を一度は検討される機会が出てくる

さて、転科と言えば外科医で勤めておられた方が内科医を次の仕事として希望することも決して珍しいことではありません。

といいますのも、外科医の仕事は体力的にも精神的にも相当なハードワークとなることが多いので、どうしても内科への転科を一度は検討される機会が出てくるようです。

例えば将来的に開業を目指していたとしても、外科医として勤めていれば開業準備に費やす時間がなかなか作れなかったりするものです。


医師転職サイトなどで一度相談してみる

なので、時間が作れるような状況にするために、転科という手段が用いられたりします。

逆に内科から外科へというパターンは滅多にありません。更に言えば、この場合は受け入れ先を見つけるのも難しいでしょう。

もしあなたが外科から内科への移動を検討されているのであれば、少々ハードルが高くなる部分があるかと思いますので、ご自身でお仕事を探されるよりは、スキルの高いエージェントなどを擁している医師転職サイトなどで一度相談されてみるのがいいのではないでしょうか。