さて、いかがでしたでしょうか。

「転科」という方法も十分に有効

医師が転職を検討する際には、「転科」という方法も十分に有効であり、魅力的な方法であることがお分かり頂けたのではないかと思います。

医療機関を移ったところで同じ様な結果が出るだろうと思い、企業などへの転職を検討される方もいらっしゃいますが、キャリアチェンジという意味では診療科目を変えるというのも生活を根本から変えるための一つの有効手段になるのです。

さて、では最後に医師が転科を決断する理由やタイミングについて、少しふれてみたいと思います。


よりよい職場環境を手に入れる

医師がこのようなことを考える理由としては、別の診療科目に興味がわいた、あるいは将来性を検討して、自分のライフスタイルを変えたい、今の診療科目が自分に合わない、職場の人間関係がよくない、などの理由が挙げられると思います。

このような理由が出て来た時に、転科を決断される事が多いようです。

内容の半数程度は転職に関する理由と近いかもしれませんね。

ワークライフバランスを根本的に変えたい、あるいはキャリアチェンジを上手に果たしたいと考えれば、他の診療科目に移るというのは十分な選択肢と言えるでしょう。

もし検討されるのであれば、医師サイトを参考にするなど、様々な情報を集めて、ぜひよりよい職場環境を手に入れたいものですね。

今回は都内の求人事情をお伝えしましたが、神奈川の医師求人など地域別の情報を転職サイトで探してみるのもオススメです。